モノリポからマルチリポへの移行:コンチネンタル・コーポレーションがどのようにGitを管理しているか

2019年6月20日

Timm Drevensek

Software Architect, Continental Corporation,

コンチネンタルコーポレーション は、タイヤ、ブレーキテクノロジー、ビークルダイナミックコントロール、エレクトロニックシステム、センサーシステムの分野で優れた専門知識と経験を有する、世界を代表する自動車関連部品のグローバルサプライヤーです。

自律運転や複雑な組み込みコントローラロジックなど、大規模なソフトウェアプロジェクトで作業する場合は、最終的にコードベースの編成方法を決定する必要があります。複数のGitリポジトリを選択する場合でも、モノリポジトリを選択する場合でも、長所と短所の両方に対処する必要があります。構成管理の観点からすれば、それがよりクリーンなソリューションであっても、マルチリポジトリ設定を処理するための複雑さが増して除外されることがよくあります。

Continentalのチームは、組み込み開発に対するコードベースの要件から、最近、モノからマルチリポジトリへのアプローチを切り替えました。 本セッションでは、コンチネンタルが直面している制限、分散コードベースへの対処方法、そしてGitHubと統合する際に可能なことについて説明します。

申込む